スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病んでるねぇ

受験英語の掲示板にはやたら単語熟語の話が出てますね。

なんでみんなそんなに好きなのかな(笑)

単語なんて、短期間でやれば済むのに。

「一日に200語を複数回反復」とかやる根性がないのかな。

哀れになってきますな…。
スポンサーサイト

TOEICまであと2週間

PartⅥの虫喰い問題をやってます。授業中ですが(またか

文章1つに3題×4本、計12題を6分という無茶ぶり。

『新TOEIC TEST英文法・語法』です。

◇二回分とも8/12の正解率。

◇目標は10/12。

◇実際にかかってる時間は5分~5分半。

時間は良いんですが、正解率を9割にしないといけません。

ズバリ本番目標scoreは

◆Leading…400
◆Litening…400
です。

前回は、無対策で受けて

◆Leading…325
◆Litening…365
でした。

最近消化したのは

◇桐原英頻…構文、文法語法、イディオムの復習
◇新TOEICテスト文法語法…1回~7回の復習

本番までに
◇ダイアローグ1800を一日2本
◇速度速聴英単語の全部聴き直し+単語やり直し
◇英頻の会話部分復習

頑張れおれ。

TOEFLリスニングテスト

授業でやってみました。

正答率5割でした。。。〇ГL

ただ、先に設問を見た場合は8割でした。

速度自体は速いんですが、確実に聴きとれました。

ただし、設問を解くのは別の話ですね。。。

っていうか、TOEFLリスニングでアノ「台所の黒い悪魔」の話が出たらキレますよ(マジで

……………

「サバイバル能力は素晴らしいよね」

「動きがめっちゃ速いよね!掴める?」

「ペットとして飼うのもあるよね」

……………

こんな欧米人とは仲良くなれませんな!!(>д<)(主旨ズレ過ぎ)

誰だ?

nimselさんのホムペに「芋焼酎」の名前で合格報告した人。

気になるなぁ。

しょぶん的生物の道

浪人時代までしか使わなかった生物です。

理由は、僕が現役の時のセンター生物です。

まぁそんなわけであんまり偉そうにも言えないので、

現役時代に成功した体験とやり方を交えて書いてみようかと思います。

-スタートライン-

高3春のセンター模試…53点?偏差値52?くらい。

-対策-
部活を引退した6月末くらいから本格的に始めました。

・セミナー生物ⅠB
・リードαⅠB(現役の時はⅠBでした。)

の二冊を平行して使用しました。

もちろん基礎知識を片端から得るのが目的です。

僕が実践したのは、

1.セミナー生物で最初の細胞の単元を全部解く
2.で知らなかったものを簡単にノートにまとめる
3.翌日に2で作ったノートを書いて暗記しなおす
4.ノート復習後、リードαの細胞の単元を解く
5.4で知らなかったものを簡単にノートにまとめる

これで細胞の単元については、

知らない知識をノートに書き貯めたことになります。

あとはひたすらこれを暗記していきました。

もちろんその他の単元についても同様です。

秋くらいに偏差値60を無事に超えたので赤本を解きました。

北里は解けた記憶がありますが、麻布はorz

余談ですが、現役時の麻布入試は僕のためにあるような試験で(ぇ

数学が超易化、英語生物は例年通りの構成。

数学は満点だったんでしょうが、英語が出来なかった…。

生物も微妙でしたが、複数選択問以外は解けた記憶があります。

私大模試偏差値65では麻布英語には立ち打ち出来ません。

一浪では、麻布英語の文法が長文になってヤッホー。

45分で完答してガッツポーズまでしそうになったのに落ちた(爆笑)

では生物の続きです。

現役の秋くらいから駿台理系標準を解きました。

遺伝が弱かったので、遺伝本をやった後の練習用に。

現役時代には冬くらいからセンター対策をしました。

赤本でだいたい85点程度、予想問題青本では90~100点でした。

が。。。悲劇の超難化現象が起き、70点を切る快挙orz

それ以来センター生物恐怖症になりました…。

一応浪人最初のセンター模試で偏差値71、記述で67くらいでしたが恐怖症orz

センターでは考察対策やりまくったら知識型になって逆にorz

挙句北大二次ではクソ易化して台無しorzorz
仮面で物理に切り替えセンターorz

とりあえずこんなとこです(ぁ

近いうちにカテゴリー分けします。

センター結果

実家に転送されてたものがうちに届きました。

マークミスはなかったです、良かった(^-^;)

しかし…ショボい...OTL

8割ちょっとで国立獣医なんてあり得ないですよねホント;

良いんだ、英語192があるから...( ̄ω ̄)

そういえば、最近微積とかやってるんですが、塾講師対策ですからww

まぁもちろん単に楽し(ry

しょぶん的数学の道

第二段です。

現役から一浪までひたすら苦手だったのがこの数学。

現役では、夏の記述模試で偏差値38の神レベル(ハイ、麻布獣医志望でした(痛))

-原因-
単なる復習足らずの自爆ルート。やってもやっても伸びないループ。

チェック&リピートやらをやりましたが、そりゃ伸びるわけがない。

ちなみに高校の授業は超真面目に受けてました。

なのに偏差値は落ちる一方でした(笑)

-対策-
シグマトライをボロボロにすれば並の力はつくでしょう、おそらくは。

一番努力を裏切らない科目ではなかろうか?と思う。

ただし、中途半端だと中途半端な結果すら出ない科目でもありますね。

特に中学段階の確立が重要になってくる科目だと思います。

-具体的体験-

現役一浪時にシグマトライと出会っていたら状況は変わっていたかも。

一浪の頭から使用したのは青チャートシリーズ(無謀過ぎ)

実は高2の頭から持ってましたが使えなかったんです(涙)

何故に青チャなのかと言えば、有名・帯に「基礎からの」と書いてあったから。

基礎じゃないよなぁ…ちっくしょう!!( ̄□ ̄;)!!

青チャ暗記の提唱者の本を参考にしましたが伸びなかった(涙)

特に数Ⅲの微積は定型の計算すら全く理解できず、

細野式の微分と積分を10日くらいでやって青チャにリトライした記憶が。

結局その後青チャを諦めて河合出版のこだわって!シリーズをやりました。

数学が得意だった浪人仲間がイチオシということだったので。

結局全分野をやったんですが、数Cと三角関数・指数対数のは不要でした。

これまた最初はやり方を間違えてました。はしょり過ぎてたんですね。

一冊50題程度あるので、せいぜい二冊が平行するには良いところでしょう。

だいたい一日に20題と決めてました。

最終的に5周以上はやりました。入試直前までに最もやり込んだ問題集です。

特に北大頻出の微積は7~10周くらいしたと思います。

結果は…11月あたりの北大プレでの75/150点。

獣医学部でなければ許容範囲でしょうが…。
ぶっちゃけた話、労力の割に伸びがなかったです。

また センターⅠA9割弱、ⅡB75点で撃沈。

センター明けに、代ゼミ東大生チューターに相談しました。

そこでニューアクションωと出会ったわけです。

例題レベルがほぼ北大にあたるから、例題だけひたすらやれと。

この時期以降、手応え抜群だった麻布に不合格が決まり、

私立全敗が確定してからは自習室・ファミレスで泣きながらやってました。

一日にニューアクションで50題くらいだったと思います。

無論、こだわって!の復習も別途やりましたが。

行列は演習題までやりました。めちゃくちゃ自信がついてました。

ニューアクション自体も3~5周しましたが、

本番で行列が出ず、整数と空間ベクトルが出た時は終わったと思いましたね。

しかし、これがきっかけで

「どこを受けるにもある程度は全範囲を仕上げる必要があるんだ」

と実感しました。仮面浪人で一番自分に言い聞かせたことです。

おかげで過去問からは出ないよな~と思う単元からも逃げずに済みましたね。

-問題を解く際の自分流こだわり-

塾講師のバイトでも意識して教えていた点です。

数学の問題を解く際に重要なのはズバリ

「何を求めたら答えが出るのか?」

を考えることかなと思います。

ニパターンあって

①与式and与条件の変形の知識と経験

②求める答えの一つ手前の式の推測

例えば、最大最小の問題なら大きく分けて

Ⅰ)二次関数→平方完成型
Ⅱ)数列の和型
Ⅲ)相加相乗平均型

などが浮かぶかと思いますが(あくまで勝手な分類)、

要はどの型なのかを判断出来れば良いのではないかと。

数学にパズルっぽさが存在するとしたらこんな感じになるのかな。

これを理解型暗記と言うのだと思います。

-偉そうにまとめ-

9月いっぱいまでに基礎固めが終われば問題ない科目だと思います。

もちろん、理Ⅲとかは別ですよ(滝汗)

でも事実、理解しやすいのレベルが入試では大事だと、

文系プラチカあたりまでをやり込んだ頃には気づけると思います。

すいませんでした!

Akiさんとアバビーさん宛ての返事を旧ブログに書きました(汗)

引っ越しやらでバタバタしてた30日でした…申しわけない(>人<;)
プロフィール

しょぶん(書文)

Author:しょぶん(書文)
経歴:純粋浪人で1年,
仮面浪人でさらに1年。

所属:国立獣医学科(6年)
進路:小動物臨床
もうじき国家試験です!!

かなりの語学オタク。
英検一級と通訳案内士が目標。
2009,6:英検準一級取得
2012.9:英検一級二次不合格
2012,11:英検一級取得
英語とスペイン語をメインに,
フランス後・中国語・マレー語・インドネシア語をかじってます。

いざ南米。いざガラパゴス。
と思いつつ、'09夏にマレーシア,
'10にインドネシア,
'12にフィリピンに行きました。
マレーシアは3週間,
インドネシアは2週間,
フィリピンは10日間です。
「思い出は人」がモットー。

ボルネオでダイバーズライセンスを取りました。Sipadan最高。

夢はでっかくいきましょう。
夢は人間の必須栄養素です。




にほんブログ村 大学生日記ブログ 獣医学生へ
にほんブログ村

ぼくの旧ブログが2本あります。
意外と面白いかも。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。